将来の人口減少が止まらない!日本人はセックスレス気味

将来の人口減少が止まらない!
人口の多い国
1 中国 13億1580万
2 インド 11億340万
3 アメリカ 2億9820万
4 インドネシア 2億2280万
5 ブラジル 1億8640万
6 パキスタン 1億5790万
7 ロシア 1億4320万
8 バングラデッシュ 1億4180万
9 ナイジェリア 1億3150万
10 日本 1億2810万
セックス頻度(回/年)
1位 ギリシャ 138
2位 クロアチア 134
3位 セルビアモンテネグロ 128
4位 ブルガリア 127
5位 チェコ・フランス 120
7位 イギリス 118
8位 オランダ・ポーランド 115
10位 ニュージーランド 114
41位 日本 45
日本の面積は世界で62位であり、上位3分の1に位置していますが、人口ではどのくらいの位置になるのでしょうか。いくら国土が広くても、人が少なくては、小さな国となるかもしれません。人口で日本はトップ10入りしています。

人口ではかなりの大国であることは間違いがありません。はたしてこの順位で、日本が小さな国だと言えるのでしょうか?

謙譲は日本人の美学ですが、人口がトップ圏内の国を、世界のだれも、小さな国とは認めてくれないにちがいありません。それにしても、トップ10の内、日本を含めてアジアが6力国も入っています。

アジアの人口を合算すると、世界の過半数に達するのです。 面積と人口だけでくらべてみても、日本が決して小さな国ではないことが理解できたでしょう。

でも、国連の推計による将来の人口を見てみると、出生率が低い日本は低落し、出生率の高いアラブ、アフリカ地域が台頭するだろうと予想されています。

そうなると、政治的、経済的にも、世界を牛耳るパワーバランスが、大きく変化することだって考えられます。
だからこそ日本政府は、少子化対策に躍起になっているのかもしれません。

なんたって、日本人女性が一生に産む子供の数は、1.33人と、世界で174位なのです。実は2.08人産まないと、いまいる人口は維持できないらしいのですが、先進国はおしなべて、この数字を下回っています。世界の平均は2.65人です。
加えて日本人はセックスレス気味であるというデータもあります。

デュレックスという避妊具の有名ブランドをもつ、大手メーカーの調査によれば日本人の頻度は、つまりは週1回弱という計算になる。それだけ聞いたなら、まあまあじゃないかと思えますが、3日に1回はしている上位国とは雲泥の差なのです。

このランキングを見ていると、女性にもっと子供を産むように仕向ける前に、個々人がすべきことはなんだったのかと、初心に立ち返る必要がありそうです。

ただ、おしなべてアジア人のセックス頻度は低くなっています。
ランキングにはアラブ、アフリカ勢はほとんど登場していないので、これらの国のセックス頻度に関しては不明ですが、子沢山はアラブ、アフリカに集中しています。

1位は西アフリカのニジェールで、7.91人であり、以下10位まで8ヶ国をアフリカ勢が占めています。しかしどの国も平均寿命が短いのが特徴です。たとえばニジェールでは、平均寿命は41歳です。その原因としては、乳児死亡率の高さや貧困、さらにはHIVの感染死亡者が多いせいだと考えられています。



トップメニュー



この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ