日本の鉄道が世界に誇れる3つの優れていること

日本の鉄道は世界に誇れる一面を多く持っています。
一つ目にはその正確性。運行ダイヤを分・秒単位で守り、正確な運行がなされています。通勤ラッシュ時には、1~2分間隔で電車が運行されていることは当たり前。列車が数十秒早く出発して鉄道会社が謝罪した、とニュースになったことも。

また、日本は高速鉄道システムの生みの親であり、200km/hを超える列車を3~5分間隔で運行させる技術を誇っています。

二つ目は、安全性。上に述べたように、タイトに電車の運行がなされている中でも、乗客の安全性はきちんと守られています。列車事故などへの対応も迅速で、ダイヤの乱れをすぐにリカバリーしてくれます。

また、乗客のマナーも海外に比べると良く、ラッシュ時であってもきちんと整列をして電車待ちをしている様子に驚く海外の方も多いとか。また、新幹線は開業以来、乗車中の乗客が死亡する事例は起こっておらず、その安全性は100%といえるでしょう。

最後に、快適性。現在では、全国共通・統一規格のICカードが普及し、ストレスフリーに改札を通過することができます。都心部ではさまざまな路線が入り組んでおり、どこへ行くにも電車を使うことが出来ます。

また、新幹線は、魔法のじゅうたんと称されるほど、振動もなく、スムーズに走行を行い、快適に目的地まで移動することが出来ます。



トップメニュー



この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ