日本の繊細に作られたスナック菓子が世界の人を魅了する

日本のスナック菓子は、アメリカに由来して開発されたものが多い。例えば、ポテトチップスやポップコーン、チョコレート菓子もそうでしょう。

また、トウモロコシが原料のパフ素材の菓子などもあります。これらはアメリカでも日本でも似た製品のものを食べることができます。外資系の会社がそのまま日本向けに商品を展開しているものも多く存在します。

ところが、面白いのは、日本の商品は実に繊細な味わいと食感に作られていることです。海外にある日本食材店では、日本人客以外にも買い物に足を運ぶアメリカ人やアジア系のお客さんがとても多いです。

彼らのほとんどは、日本のスナック菓子がもつ繊細な味と食感を理解しており、リピーターも多いです。しかも、せんべいといった和菓子よりも、アメリカでも手に入る類似したスナック菓子が人気があるのです。

また、特に注目するフレーバーは抹茶味だと言えます。銘柄を書いて差し支えなければ、たくさんの銘柄を記入できるほどです。ビターな味わいで、かつきちんと抹茶の味がするキットカットなども人気です。

抹茶のパウダーがかかった製品が人気のあることから、抹茶パウダーの味や舌触りに人気があるとも言えるでしょう。アメリカでは、スナック菓子の逆輸入品と言えます。日本のスナック菓子が、世界の人を魅了するのは、その複雑な味わいなのでしょう。

以上、甘いものが本来好きな人々が、この日本古来の味わいを好むことに対する事実を是非載せていただきたいと思いました。

トップメニュー


この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ