日本食は外国人にとって独特な文化で注目されている

日本における、お店のカウンターで食事をするという習慣。 私たちにとっては当たり前の光景ですが、外国ではあまり例がないそうですね。

海外では「バーなどでドリンクを飲む」というのは一般的らしいのですが、調理をしているのをライブで見ながらカウンターに出された食事を楽しむというのは、外国の方々には未体験であるようです。

お寿司屋さん、ラーメン屋さん、鉄板焼き等、探せば多く見つけることができます。 自分の目で食材を見て、それがどのように調理されるのかもある程度観察できるこのカウンター方式。

作る側も手を抜くことはできないですし、お客様ともちょっとしたコミュニケーションの場にもなるので、料理をさらに美味しくいただける最良の食事方法なのかもしれません。

また、最近は『お弁当』というカテゴリーが日本食として注目を集めているようですね。 これは、テレビで見たのですが、日本独特の「幕の内弁当」「車内食」など、海外でも人気が出つつあるそうで、将来の需要が期待できると思います。

手軽に買えて、覚めても食べやすく、栄養面でも工夫がしてあり、しかも美味しいお弁当を、日本人の職人さんの指導で海外の業者さんが作り、それを現地の方々に食してもらうことは日本食普及の格好の機会になると思います。



トップメニュー



この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ