日本の食品サンプル技術は本物に近い芸術品と話題

食品サンプルサンプルというものはその物の情報をできるだけ正確に見る人に伝えるというところにあると思われるので、一番はそのもの自体をサンプルにすることだと思います。

ところが食品は一般的には劣化するため現物をサンプルにした場合は頻繁に交換する必要があります。このため食品のサンプルは人造物で代用する訳です。

この理屈からいけばサンプルはできるだけリアルであることが望ましいことになります。サンプルが実物より優れて見えるのはある意味困るけど、サンプルにそっくりでも困る事はないと思います。

食品サンプルは大正時代から昭和初期にかけての日本で考案されました。
昔は蝋で作られていましたが、壊れやすいといった欠点が改善され、現在は合成樹脂で作られています。

生産の簡略化を目的として、合成樹脂用の金型も使用されています。
これにより、より緻密でリアルな食品サンプルが製作されるようになりました。

ただ、実際に食品サンプルを使用しているのは日本以外ではアジア圏のみのです。
使用していない国の人にとっては「文化」という観点より「芸術品」という観点で見る人の方が多いのではないでしょうか。

食品サンプルの発祥の地は大阪です。 岩崎瀧三が食品模型岩崎制作所を昭和7年に創業しました。

岩崎瀧三は岐阜県郡上市八幡町(旧郡上郡)に生まれ15歳で大阪で薬の町道修町に丁稚奉公に来ました。

ですが最初に作ったのは瀧三ではなく大阪の個人商店的な所で限定的に肉片やグリンピースなど一部の物が作られていてそれを瀧三が見てリアルな食品模型に発展させて企業化したようです。
当時は勿論大阪が日本一の食品サンプル生産量でした。








トップメニュー



この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ