日本人の独創から生まれた発明品は世界の人々の生活に必要不可欠

即席ラーメン日本人が得意とするのは、何も模倣だけではありません。日本人が発明し現在では世界の人々が日常生活の中で使用するようになった製品も多数存在しています。

たとえば、家庭用VTRは、日本のソニーが世界で初めて製作に成功しました。家庭用VTRは、その後、ビクターが開発したVHS方式が世界の主流となっています。

今では世界で1年間に約400億食も消費されているというインスタントラーメンも、日本人の発明によるものです。現在の日清食品は瞬間油熱乾燥法という方法を発明し、1958年、世界初の即席麺を誕生させました。

現在、メキシコでは日本の即席ラーメン「マルちゃん」が国家的規模の人気食品となり1年間で約10億食が消費されています。「マルちゃん」という言葉が「簡単にできる」「すぐにできる」という意味で一般的に使用されているというのですから驚きです。

また胃がんや胃潰瘍などの消化器系疾患の診断に欠かせない胃カメラを世界で最初に発明したのは、オリンパスの主任技師らです。現在でも日本は内視鏡先進国だが、その礎となったのがこの発明でした。

この技術は消化器系ガンの早期発見に大きな威力を発揮するなど、世界に貢献しています。その他にもヘッドフォンステレオ、乾電池、カラオケなど、日本人の独創から生まれた発明品は世界の人々の日常生活にはなくてはならないものとなっています。

日本の民間企業では、実用的な応用研究により、多くの独創的な新技術の開発にも成功しています。島津製作所に勤める田中氏がノーベル化学賞を受賞したことは日本企業の研究開発レベルの高さを改めて証明しました。





トップメニュー



この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ