国家の腐敗度や不平等な国をランキングで発表

腐敗度(0に近いほど悪い)
1 ソマリア、ミャンマー 1.4
3 イラク 1.5
4 ハイチ 1.6
5 ウズベキスタン、卜ンガ 1.7
7 スーダン、アフガニスタン 1.8
163 日本 7.5
不平等な国(ジニ係数)
1 ナミビア 70.7
2 レソ卜 63.2
3 ボツワナ 63
4 シエラレオネ 62.9
5 中央アフリカ 61.3
これは180ヶ国から聞き取り調査をした結果を踏まえてデータ化したものです。
ウズベキスタンは、きっちりワースト5位にランクインされています。トルクメニスタンはワースト14位、アゼルバイジャンは20位です。

データを収集、数値化するのは、なかなか難しい作業だと思うけど、このランキングに関しては、現場を見た者からしても、信憑性を感じるものです。

ちなみに日本は、これらの国々とは反対にベスト17位です。汚職はあっても、日本で一般市民が役人から金を巻き上げられることなんて、ほとんどありえないでしょう。でもその分しっかりと税金を徴収されています。

ワースト上位に名を連ねる国々は、貧しい国が多いですが、権力に近づくことで給料以外の収入が増し、経済的に安定が保たれるのでしょう。

先進国と発展途上国の間で格差があるように、発展途上国では、国内での格差が著しいのが通例です。一部権力者が富を独占しています。それこそが権力なのです。

ただし公権力の乱用が目に余るような国々が、必ずしも不平等な国とイコールにはなっていません。
トルクメニスタンはアメリ力と同じく49位、アゼルバイジャンは半分より下の70位です。両国とも数字の上では、気にするほど格差は広がっていないことになっています。

ウズベキスタンにいたっては、不平等とは反対の、平等ランキングの9位にランクインされています。
公権力の乱用が目立つ国では、単に公務員の給料が安いとか、悪しき習慣が蔓延しているだけかもしれません。

なお、不平等ランキングナンバー1のナミビアでは、上位10%の富裕層が、国全体の富の65%近くを握っています。
そして上位国の中に、世界最貧国の国々が名を連ねているのは、皮肉というか、世界の不合理、理不尽を感じるものがあります。


この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ