日本が誇れるおもてなしは心から思わないと行動できない

日本人のおもてなし日本が海外に誇れることは、やはり「おもてなし文化」だと思います。
海外ではあらゆる場所でサービスを受けたら、チップを払う習慣があります。

日本はチップの習慣はありませんが、おもてなしの心で、無料でサービスを提供しています。

しかも、それはお金目当てではなく、日本人が自然に培われてきた精神的な文化のような気がします。

ですので、おもてなしの心は、見返りを期待して行っているわけではありません。

災害時にも関わらず、日本人は長い行列を作って、食べ物などの配給をもらっていることに外国人がびっくりしたようです。
争いが絶えない国などでは、支援物資も奪い合いの所もあると聞きます。

日本人の和を大切にする心がこのあたりにも、自然と行動に表れているのではないでしょうか。
そして、相手を思いやる、相手の気持ちを考える行動が自然とできているのだと思います。

こうした「おもてなし文化」が、日本の発展を支えてきた一つの原動力ではないかと捉えています。


特に日本でのさりげない気遣いに誇らしくなりますが、例えば外食した際にお店で必ず出されるおしぼりと水です。海外にはおしぼりの文化はありません。

そのため一日歩いてベタベタな手のまま食事を取らねばならないこともあり、海外では食事前に必ず手を洗うようにしています。

また、水も無料で出されますが、海外では有料の場所が多いです。
来店した人にまずくつろいでもらう、というもてなす考えは日本ならではだと感じます。


日本人はおもてなしを意識しているのか
日本はおもてなしの国だそうです。東京オリンピックを契機に、日本の良さが見直されています。しかし、日本人のおもてなしをどんなに強く押し出しても、日本人一般がイコールではないです。

だから、「日本人はすばらしい」という類の海外報道を聞いたところで、それは全員ではないのです。

では、どうすればよいでしょうか。それは、簡単です。おもてなしをする術を知ればいいのです。日本がおもてなしの国であるということが、育ててくれないです。

日本で生きていれば、自動的にそういう人間になるわけがないのである。もちろんおもてなしの心がなくても問題はありません。しかも身につけようと思っても、容易なことではないのは分かります。おもてなしは、行動だけを指すのではないのでしょう。心からそう思うこと、つまり心と行動の一致が求められるのです。




トップメニュー


この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ