日本において国際化とは

日本においていわれるところの「国際化」をどう定義すべきか難しいところです。もちろん、いろいろな考え方があるに違いないですが、これを異文化の認識と尊重としてとらえてみたいと思います。

すなわち、自らと違う価値観を持った人たちが存在することをまず認識する、そしてそれをできる限り尊重するという意味です。

ただし、誤解を避けるために付け加えると、尊重するとはやみくもにそれらを受け入れることでは決してありません。他の文化に敬意を払いつつ、自らの信ずるところを押し通すもよし、良いと思う部分のみ取り入れる法もあると思います。こうしたせめぎあいを経てこそ、それぞれの文化が多様化しかつ充実していくとの想像は楽観的にすぎるのかもしれません。

ごく日本的なしきたり、例えば、以心伝心や腹芸などの「察し」のコミュニケーションなども仮に日本が鎖国の時代であったとしたら、仲間うちだけでこれを交換している分には何の不都合もありません。

しかし、現代のように人や情報が国境を越えて自由に行き来する時代にそれが通用するはずもないのです。特に、映像による情報伝播の速さと広さは、大方の想像を越えるものであることは明らかです。

会社の不祥事で幹部がそろって最敬礼する場面、女子中高生がクローン人間のように同一の髪型、服装、持ち物で街を閾歩する情景、あるいは街頭インタビューでのノーテンキな応答などがCNNで流されれば、至極あっさりと世界を巡ってしまいます。それが、ごく一部の出来事であっても日本へのイメージに大きくかかわることも恐いところなのです。


「出る国際化」と「来る国際化」
もうひとつ思うことは、「出る国際化」に対して「来る国際化」の認識です。これまでは、どちらかといえば海外旅行や駐在に出た時に必要性を感じる国際化が多かったと思いますが、現在われわれの身近にたくさんの外国人が生活をし、労働をしています。

企業レベルの動きをみても日本企業の海外投資と外国企業の対日投資は10対1の比率で圧倒的に前者が多いです。こうした異常なギャップはこれから是正の方向に進まざるをえないに違いありません。

最近では外資系企業にどんどん外国人トップが増えているし、就職希望者の中でそうした外資系企業への人気は上々であるということです。インターネットで家庭の中まで入り込む国際情報を含めて、来る国際化への対応が個々に問われる時代になっているのです。



この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!