電話にまつわる日本と比較した各国の違いについて迫ってみた!

各国の電話事情安くかけるなら電話屋
電話屋を使うのがお得が常識になっている国もある。ペルーなど南米諸国の町中で目に付くのが「LOCUTORIO(ロクトリオ)」の看板。もともとは修道院などの面会所を指す言葉だが、実は「電話屋」だ。

確かに小さな扉が付いた電話ブースが暗い屋内に並ぶ様は、どこか宗教的な雰囲気を感じなくもない。 一般的なロクトリオは指定のブースで電話をかけ、帰りに受付で料金を支払う形態。インターネットを時間貸しする施設などを備える店舗が多い。電話会社と大口契約を結んでいるため割安なのが特徴だ。

首都リマの新市街ミラフローレスで写真店を兼ねたロクトリオに行ってみた。店を訪れたのは携帯電話を手にした初老の女性。 携帯を持っていても、わざわざロクトリオを訪れるのはやはり料金の安さから。店員によると「0.75ソル(約24円)の通話だったら0.5ソルになる」という。 携帯電話が普及しても南米で携帯電話は前払い方式が一般的だが、有効期限があるため、まとまった金額を支払っても一定期間後に無効になる場合がある。無駄払いをするぐらいならロクトリオでその都度払うのが賢明。

人口の6割を超える1800万台の携帯電話が普及していても、ペルーでロクトリオへの支持は根強い。 ただし、利用にはちょっとしたコツも必要だ。先ほどの女性もしばらくして「電話がつながらない」とブースから出てきた。店員が相手先の電話番号を確認し「電話会社が違うわ」。携帯電話にかける場合、相手の電話会社によって使うブースが異なるのだ。「この番号はクラーロ(メキシコ系)じゃなくてモビスター(スペイン系)だから、こっちでかけて」。

日本でいえば、相手の携帯電話がドコモかau、ソフトバンクなのかまで把握しなければ使えない。 そうこうする間に、ビジネスマンは隣国コロンビアに数件の電話。学生風の若者はホームページを数枚、印刷していった。ロクトリオは街角の気軽なビジネスセンターの役割を果たしている。


電話帳は苗字ではなくて必ず名前順
世界最北の島国、アイスランド。事情を知らない人がこの国で電話帳を手に取ると、必ず混乱することになる。氏名の掲載がラストネーム(名字)の順番ではなく、ファーストネーム(名前)順なのだ。

アイスランドの人口は国全体でも約32万人、首都レイキャビクに限れば12万人前後。 顔見知りが多く、人々が互いにファーストネームで呼び合うのは確かだが、だからといって電話帳の記載を名前順にするほどの規模ではない。

そもそもアイスランド人には決まった名字がないのだ。 先祖から受け継いだ名字を使う日本などとは違って、アイスランドの名字は基本的には父親の名前によって決まる。生まれたのが男の子なら父親の名前に「ソン」をけたものが子供のラストネームになる。女の子なら「ドッティル」が付く仕組みだ。

親子で名字が異なるばかりでなく、兄弟であっても性別が違えば名字も異なる。 名前で男女を判断2009年2月に就任したヨハンナ・シグルザルドッティル首相の場合、その名字は本来は「シグルザルの娘」を表す。アイスランドによくある名字のヨハンソンは「ヨハンの息子」という意味だ。だから父と子が同じ名前を使うときは「ヨハン・ヨハンソン」(直訳すればヨハン・ヨハンの息子)といった氏名もあり得る。

外国から移住してきた人たちが例外的に「普通の名字」を持つ場合もある。ゲイル・ホルデ前首相は親と同じノルウェー系の名字を使っていた。ただアイスランドではなじみにくいのか、国内では名前の「ゲイル」で呼ばれることが多かったようだ。 ややこしい制度だが、利点もある。

ラストネームさえ見れば、会ったことがなくても男性か女性かがわかるからだ。金融危機を受けた政局混乱のなか、シグルザルドッティル氏が新首相として取りざたされたとき、アイスランド人は「初めての女性首相の誕生か」と思いめぐらすことができたそうだ。



この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ナビ